HOME >  空き巣狙いの手口 >  もぎ取り

もぎ取り

ドアノブに鍵穴がついている玄関はもぎ取りに狙われやすい

<もぎ取りの手口について>

バールのような金属棒を使って、シリンダーやドアノブをまるごともぎ取ってしまう強引な手口が、その名の通りもぎ取りです。この手口に特に弱いのが、円筒錠(ユニコック)やインテグラル錠と呼ばれるタイプの鍵です。

円筒錠は、内側のボタンを押すことで外側のノブがロックされる仕組みで、デッドボルトはありません。

インテグラル錠にはデッドボルト(カンヌキ)があるので、円筒錠に比べやや強度は高いといえますが、どちらもノブの中にシリンダーが組み込まれているので、もぎ取りには非常に弱いといえます。

古いアパートやマンションは今すぐ防犯鍵に取り替えよう

これらは、構造的に防犯性が低い鍵なので、本来は室内扉に使用されることが多いです。

しかし、築年数が経過した古い住宅の場合、アパート・マンションの玄関や一戸建ての勝手口に未だ使われていることもあります。

 

外に面した出入り口に円筒錠やインテグラル錠が使われているお宅は、早急な交換または防犯性の高い補助錠の追加取り付けをおすすめします。

ドアノブもぎ取りには補助錠で対策

補助錠、2ロックの防犯鍵で空き巣対策!

スペーサーを使ってシリンダーとドアの隙間を塞ぐ方法も、もぎ取り対策として多少の効果は得られると思いますが、ノブ状の鍵には使用できません。

主錠を交換し補助錠で補強することが最も望ましい対策といえますが、賃貸住宅などではそれが難しいケースもあります。そういった場合には2つ以上の補助錠を取り付けることで対応しましょう。

美和ロック社の「MIWA ND2R-BFシリーズ」の防犯性能の高さはおすすめ。また、日本カバ社「Kaba Star Neo セーフティリムロック」はコンパクトさからガラスの入った勝手口などに適しています。

また、音や振動に反応するピッキングアラームを併せて設置するのも一案ですね。

いずれにしても「1ドア2ロック」が基本中の基本。戸建て住宅の場合は、玄関に比べて軽視してしまいがちな勝手口にも2つ以上の鍵を取り付けましょう。

泥棒は、防犯意識の高い住宅やマンションが大キライ