HOME >  空き巣狙いの手口 >  サムターン回し

サムターン回し

ドアの隙間から工具を差し込み開錠するのがサムターン回し

<サムターン回しの手口>

ピッキング被害が社会問題となった後、ピッキング対策をする住宅が増えたため、代わりにというわけではありませんが、サムターン回しの手口が増加しています。

サムターン回しは、ドアの隙間から針金製の器具を差し込み、手探りでサムターンを回し開錠してしまう手口です。荒っぽいところでは、郵便受けを外してしまいそこから腕を入れて直接サムターンを回す、ドアにドリルで穴を開けるといったやり方もあるようです。

サムターン回しの場合、ピッキングでの開錠が困難な鍵を取り付けていてもあまり効果がありません。

鍵の種類というより、まずドアの隙間はないか確認してみましょう。
僅かな隙間でも針金が通ってしまえば不正開錠が可能なので、サムターン回し防止のためにはドアの隙間をなくすことが必要です。

ドアスコープを外して行う手口もあるので、容易に外れるタイプであれば外から取り外せないドアスコープに交換しましょう。

サムターン回し防止策

サムターン回しを防ぐサムターンカバー

サムターン回し防止に一役買ってくれそうなグッズが多数販売されています。

よく知られているのがサムターンカバーで、安価なことと取り付けの簡単さで人気がありますが、器具を使った方法には対応できないものもあるのでよく確認してください。

 

美和ロック社「防犯サムターン」は、カバー状ですが完全にサムターンを覆ってしまうため防犯性が高いといえます。着脱可能なので室内からも施錠できます。

藤岡金属社「サムストッパー」はリモコン操作でサムターンを固定できるストッパーで、多少値段は張りますが人気の高いグッズです。ピッキングにも効果があります。サムターンごと交換するという対応策もあります。

日本カバ社「セーフティサムターン」は、鍵の操作でサムターンのモード切り替えが可能です。
空転モードに設定するとサムターンが空回りするので、手を入れてのサムターン回し防止にも効果があります。

美和ロック社「フリーサムターン」もほぼ同様の仕組みですが、こちらはサムターンを押し回すことで開施錠ができるタイプ。
取り付け操作が簡単で、見た目の違和感も少ないと好評のようですが、鍵が開いているのか閉まっているのか目視で確認できないところが玉にキズ。開施錠の際にはノブを引っ張るなどの確認作業が必須になります。

泥棒は、防犯意識の高い住宅やマンションが大キライ