HOME >  空き巣狙いの手口 >  ピッキング

ピッキング

特殊工具を差し込んでドアを開錠するピッキングの手口

<ピッキングの手口について>

針金状の特殊工具を用いて不正に開錠、ドアや鍵を壊すことなく侵入する方法がピッキングです。もともとこの特殊工具は、鍵の紛失などといったトラブルに対応するため、鍵の専門業者が扱っていたものです。

ピッキングはそういった特定の人が持つ専門技術であるはずが、インターネットなどで不特定多数に流出し、素人でも練習すれば身につけることができるようになってしまいました。

もっともピッキングに弱いとされるMIWAロック社のシリンダー錠

このような背景から、犯罪の手口として悪用されるケースが増大しています。極端な話、ピッキングで開錠できないシリンダー錠はないともいいます。

しかし、日本で最も普及しているという事情もあるのですが、特にピッキングに弱いとされる美和ロック社製ディスクタンブラーをまだ使い続けている住宅が多くあるのが現状です。

<<ピッキングで狙われやすいタイプの鍵

 

気がついていないケースも少なくないと考えられますが、この製品をお使いのお宅は早急に交換することをおすすめします。

ピッキング対策の防犯キーはもう常識!

ピッキング被害の増加に伴い、耐ピッキングを重視したシリンダー錠が多数開発されています。
開錠の危険性は否めませんが、より複雑な構造・形状になっているため開錠が非常に困難で時間がかかります。

具体的な製品を挙げると…

  • 美和ロック社「MIWA PRシリンダー」
  • 日本カバ社「Kaba Star Neo リムロック」
  • アルファ社「FBロック」

などが、破壊開錠に対する耐久性も高くおすすめです。このような防犯性の高いシリンダー錠への交換に加え、補助錠を取り付けると安心です。

暗証番号錠やカードキー、指紋認証キーなら、さらに有効。鍵穴がないのでピッキング被害を完全にシャットアウトできます。

鍵以外の防犯グッズには、ピッキングの音や振動に反応して警報音が鳴るアラーム、シリンダーを完全に隠すことができるシリンダーカバーなどが販売されています。

泥棒は、防犯意識の高い住宅やマンションが大キライ