HOME >  空き巣狙いの手口 >  バンピング

バンピング

<バンピングの手口>

バンピングとは、バンプキーと呼ばれる鍵を使って解錠する方法のことです。
特殊な鍵山の配列をしているバンプキーを鍵穴に差し込み、バンピングハンマーなどで叩きながら解錠します。特別な技術がなくても、だれでも比較的簡単に解錠できる点が特徴です。

このバンピングができるのは、鍵の片側だけに鍵山があるタイプのピンシリンダーと呼ばれる錠前に対してです。
また、ディンプルキーシリンダーと呼ばれる錠前の場合も、基本的な構造がピンリシンダーと同様であれば、バンピングの対象になります。

海外では、バンプキーキットなども販売されだれでも簡単に入手することが可能です。さらに、小さな子供が数秒で鍵を開けてしまう動画が出回るなど、社会問題となっています。日本でも、最近、マスコミなどで報道されるようになってきました。

バンピングは解錠した痕跡が残りにくいのに加え、ピッキングよりも簡単に開けることができ、今後、大きな問題になってくることでしょう。

バンピングの対策法

バンピングの防止法は、ピンシリンダーの錠前をやめることです。ピンシリンダーのかわりにICカードキーや暗証番号錠などに変更すると、バンピングは確実に防げるでしょう。
ただ、これらの錠も、緊急解錠のためにピンシリンダー式のキーがついていることがあります。その場合は、結局バンピングの対象となってしまうので、補助錠の形状も確認する必要があります。

また、ピンシリンダーでも、バンピングの対策がされているものがあります。
バンピングされるとデットロック状態になり、解錠できないことはもちろん、バンプキーをさしたまま抜けなくなります。
古いタイプのピンシリンダーはこのデッドロック機能がないものが多く、およそ10年から20年前のピンシリンダーの場合は、機能がないと思って疑ってかかりましょう。

泥棒は、防犯意識の高い住宅やマンションが大キライ