HOME >  空き巣狙いの手口 >  こじ開け

こじ開け

手荒な窃盗侵入の手口こじ開けに注意!

<こじ開けの手口について>

バールなどの金属棒を使い、力まかせにドアごと破壊して侵入する手口をこじ開けといいます。乱暴な手口ですから、さぞかし力の強い犯人だろうと想像してしまいがちですが、ドアとドア枠の間にバールを差し込み「てこの原理」でこじ開けるので、特に力のない人にも実行可能な方法だといいます。

鍵だけでなく壊れたドアの修理が発生するので、盗られた金品と併せると相当な被害額になるケースもあります。

手荒な窃盗侵入の手口こじ開けに注意!

こじ開けの場合には鍵の種類というよりは、鍵の数が重要になります。
これはこじ開けだけに限ったことではありませんが、やはり1ロックだけの玄関では空き巣のターゲットになりやすいといえるでしょう。

さらに日本の玄関ドアは、ドアとドア枠の間にバールを差し込める程度の隙間がある外開きタイプがほとんどです。

 

外開きの玄関ドアは、こじ開け被害に遭いやすいといわれているので注意が必要です。
これらの注意点を意識しながら、防犯対策を検討していきましょう。

こじ開けできない頑強な玄関ドアとは

こじ開け対策として有効な方法は、玄関ドア周りを頑強にすることです。

もし自宅が外開きタイプの玄関ドアなら、こじ開け防止ガードプレートを設置するといいでしょう。ガードプレートは、鍵のデッドボルト(カンヌキ)部分に取り付けドア枠とドアの隙間を塞ぐためのグッズです。
安価で取り付けが簡単な上に視覚的な威嚇効果も期待できるので、手軽な割になかなか優秀な防犯グッズといえるでしょう。

いくつかタイプがある中でT字タイプが最も頑強ですが、ドアの厚みや鍵の状態により取り付けられない場合もあるので取り付ける前に確認した方がいいです。

ドア自体が古い場合は現在の防犯ドアに比べると強度がかなり低くなっていることが多く、ドアごと交換を検討した方がいいケースもあります。

交換の際は、CPマークがついているドアを選びましょう。費用は高額になりますが、ドアと鍵を同時に防犯性の高い最新タイプに変えられると考えれば、決して高い買い物ではないといえます。

頑強なドアとガードプレートが揃ったら、「1ドア2ロック」をチェック!
1ロックのドアには補助錠を追加しましょう。2ロックを実行することで鍵の強度が上がり、同時に空き巣の意欲を萎えさせる効果も期待できます。

本体強度が高くピッキングなど破壊以外の不正開錠にも強い、アルファ社「FBワンモアロック」やゴール社「V18MDU」などがおすすめです。

泥棒は、防犯意識の高い住宅やマンションが大キライ