HOME >  空き巣狙いの手口 >  ガラス破り

ガラス破り

空き巣被害のナンバーワン手口はガラス破り

<ガラス破りの手口>

空き巣の手口では、ピッキングやサムターン回しなどドアを侵入口とした方法が注目されていますが、被害数が最も多いのが窓からの侵入です。

ガラス破りには、三角割りや突き破り、焼き破りなどの方法があげられますが、最近多発しているのが焼き破りです。

空き巣はライターやバーナーで窓ガラスをあぶって破り侵入します

焼き破りが多い理由はガラスを割るときに発生する音を抑える効果があるためで、ライターやガスバーナーを使って内鍵周辺を熱した後に冷水をかけ、ヒビの入った箇所からドライバーなどで開錠します。

狙われやすいのが戸建て住宅の1・2階にある窓で、道路から死角になり見えにくい場所にある窓は特に注意する必要があります。

 

窓用グッズで防犯性を強化

ガラス破り対策として、防犯フィルムを貼る、防犯ガラスに交換するといった方法があります。

防犯フィルムには、自分で貼れる手軽なものから専門業者に貼り付けを依頼するような本格的なものまでさまざまな種類があります。
選択肢が広いだけに、中には焼き破りのバーナーの熱で溶けてしまうものもあるようなので、慎重に選びましょう。

防犯ガラスはフィルムに比べ高額な印象がありますが、フィルムのような劣化がないので、長い目で考えるとそれほど費用面に差はないともいえます。設置する場所などで使い分け、併用するといいかも知れないですね。

また、窓用補助錠や格子、防犯アラームの設置も効果的です。

補助錠にはネジ止めタイプと貼り付けタイプがあり、貼り付けタイプの方が効果が高いといえます。どちらのタイプにしても、複数箇所に設置することで防犯性がアップします。

窓用格子は、室内側に設置することで空き巣の意欲を失わせる、視覚的効果が狙えます。掃き出し窓用は閉塞感があるイメージですが、開閉式の格子なら家にいるときはたたんでおけるので気になりません。

泥棒は、防犯意識の高い住宅やマンションが大キライ