HOME >  防犯性が高い鍵の種類 >  リモコン錠

リモコン錠

玄関リモコン錠とは名前の通り、玄関ドアの鍵をリモコンで開けられるリモコンキーです。
イメージとしては車のドアのリモコンキーと全く同じですが、その使用感は全く異なる部分もあります。
発売当時は暗号化の低さで、セキュリティの問題が懸念されていましたが、現在ではより多くの機能で安全をサポートしています。

リモコン錠の機能と取り付け費用

発売当時は価格も高めでしたが、現在では安価で設置できるようになりました。

remote

専門業者に取り付けを依頼した場合、費用の目安は50,000~140,000円程度。構造の違いや機能によって幅があります。
また、大規模なオフィスやマンションへの取り付けについてもこの限りではありませんので、事前に専門業者に相談、確認してください。

リモコン錠の装備機能

発売当時のリモコン錠は、鍵を開けるだけの機能しか備えていませんでしたが、現在はどのような機能を備えているのか見ていきましょう。

  • リモコンのボタンを押せば開錠・施錠できるワンプッシュ操作機能
  • 本体・リモコンともに電池切れが近づくとお知らせ
  • リモコン操作をすると音と光でお知らせ
  • 電池交換お知らせ機能
  • オートロック

などが現在のリモコン錠には標準装備されています。
オートロック機能は大変便利ですが、締め出されるリスクも考慮してこの機能をオフにできる種類もありますので参考にして下さい。

既存の鍵に後付けでき、見た目もスマートなので、リモコン錠は今後も増えていくかもしれません。

リモコン錠の利便性

取り付けに関しては、既設の鍵にドライバー1本で取り付けが可能のため、ドア加工は不要。現状復帰も簡単なのでもし気に入らなければ、取り外すこともできます。

従来の鍵の場合、両手に荷物がある時に限って、かばんの中の鍵がなかなか見つからず、玄関ドアの前で鍵を探したりするときもありますよね。
リモコン錠でしたら、ポケットにリモコンが入っていれば、ドアにタッチするだけで開錠できるオプションもあります。この機能があれば、煩わしい時間が短縮できますね。