HOME >  防犯性が高い鍵の種類 >  暗証番号錠

暗証番号錠

自分で設定した暗証番号を入力して鍵の開閉を行うのが暗証番号錠です。
最大の特徴は、やはり鍵がいらないということ。鍵を持ち歩く必要がないので紛失や盗難といった心配がありません。

自動施錠対応のタイプなら、うっかり閉め忘れたということもなくなります。もちろん、キーレスなので部屋に鍵を置き忘れるといった心配もなく安心です。
失くし物や忘れ物が多いという方にはピッタリの鍵かもしれませんね。

マンションオーナーからも人気のキーレス錠

防犯性の高さからマンションの資産価値も上がります

暗証番号を共有すれば合鍵を作る必要もないので、コスト削減の観点から集会所やゴミ捨て場、倉庫など多数の関係者が出入りする場所でのニーズが多いようです。

暗証番号錠は番号変更が簡単に行えるものが多く、こまめに番号変更することにより防犯性がぐっとアップします。

コスト面から考えると、賃貸マンションのオーナーなどの家主さんにもおすすめ。入退居に伴う鍵交換と合鍵作製が必要なくなるので、大幅なコスト削減が期待できます。鍵が暗証番号だから、管理も楽ですよね。

暗証番号錠の種類と取り付け費用

配線工事が必要だけど高機能な暗証番号キー

暗証番号錠には機械式と電池・電気式のものがあります。

電池も電気もいらないボタン式の暗証番号錠

専門業者に取り付けを依頼した場合、費用の目安は20,000~200,000円程度で、電気式で多機能な製品ほど工賃も高くなるようです。

電気式タイプは配線をして室内から電源を取るので、電池切れの心配がありません。

遠隔操作やタイマー設定ができるなど、多機能なものも多いです。

機械式タイプの暗証番号錠は比較的取り付け費用が安価で取り扱いも簡単です。主錠用と補助錠用のどちらの製品もあるので、用途に応じた取り付けが可能です。

 

暗証番号錠の防犯性

暗証番号錠最大の弱点は、暗証番号を知られてしまえば誰にでも開錠できてしまうところ。暗証番号を入力しているところを誰かに見られていないか、常に注意を払う必要があります。

また、長い間暗証番号を変えずにいると、よく使うボタンが汚れたり擦り減ったりして組み合わせを特定されてしまう危険性が高くなります。暗証番号錠の中には設定番号が順不同でも開錠してしまうタイプもあるので、暗証番号のこまめな変更が必須です。

これらを補うために入力のたびに数字配列が変わる機能やダミー入力機能がついている製品もあります。

ピッキングに強い暗証番号錠ですが、やはり1ロックでは防犯性に不安が残るので、2つ以上の鍵を併用することをおすすめします。