HOME >  防犯性が高い鍵の種類 >  指紋認証キー

指紋認証キー

指紋を登録し、指をかざす(触れる)だけで開錠できるのが指紋認証キーです。

発売された当時は読み取りが不安定などの問題もあったようですが、世界的に生体認証への注目が高まっている今、真皮を読み取る方式の製品が開発されるなど、格段に性能がアップしています。

マンションで導入が増える指紋認証キー

自分の指が鍵になる指紋認証キーは賃貸マンションの退出時の鍵取替えが不要

価格も下がってきているので、玄関錠として購入する一般家庭やマンションが増えてきています。

以前は配線が必要な指紋認証キーが主流でしたが、現在では電池式タイプも多く発売されていて、取り付けの簡単さから人気が高いようです。

 

比較的安価な電池式製品でも100指程度の指紋登録が可能で、マンションのエントランスや玄関錠、個人宅の玄関錠はもちろん、オフィスでも十分に活用できます。

紛失なしの手軽さと防犯性の高さがウリ

他の防犯鍵と比べて高価にはなりますが、もっと多くの人数に対応できる指紋認証キーもあり、管理者モードがついているタイプもあるので大規模オフィス、賃貸マンションなどで導入すると管理面のわずらわしさが軽減されます。

キーレスなので鍵を持ち歩くわずらわしさがなくなり、紛失や盗難といった心配もありません。

例えば、お子さんが鍵を持たずに外出してしまっても買い物などの用足しに安心して出かけられるなど、日常生活でのちょっとした心配も解消されます。

指紋認証キーの機能と取り付け費用

多機能でどんどん防犯性・利便性が高まる指紋認証キー

専門業者に依頼した場合の費用目安ですが、本体価格のみで50,000~200,000円程度。工賃別途というところが多かったので、この価格にプラスαが生じると考えてください。

最先端の鍵だけあって指紋認証速度は1秒程度と高速、加えてその多機能ぶりにも目を瞠ります。
その他、製品によって搭載されていない場合もありますが、リモコン機能、自動・手動モードの切り替え機能、いたずら防止機能など、便利機能が満載。

電池式タイプでは、万一の電池切れに備えた非常電源供給装置が付いている製品がほとんどです。
また、防犯を意識した機能も充実しており、暗証番号入力との二重ロック機能をはじめ、玄関ドアの閉め忘れを音で知らせる警告機能、不正侵入探知警報機能と、多彩な安心機能です。

本体自体も破壊開錠を見込んで強化されており、火災センサーがついているものもあります。

もちろん、鍵穴がないからピッキングの心配は不要。サムターン回し対策もバッチリです。新築以外での購入なら、2ロック目の補助錠として使用するといいと思います。