HOME >  防犯性が高い鍵の種類 >  耐ピッキングシリンダー錠

耐ピッキングシリンダー錠

針金状の特殊工具を用いて不正に開錠、ドアや鍵を壊すことなく侵入する方法がピッキングです。

数年前に外国人窃盗団によるピッキング被害が多発したことから広く知られるようになった犯罪手口ですが、日本の多くの玄関ドアにはシリンダー錠が採用されていることから、他人事ではないと感じた人も多いはずです。

ピッキングで狙われやすい鍵

美和ロック社のシリンダー錠でこのタイプのものは早急に防犯鍵に取り替えるべき

シリンダー錠は構造的にピッキングに弱いタイプと強いタイプに分けられます。
ピッキング多発時にターゲットとして集中的に狙われたのが、美和ロック社のディスクタンブラー錠というタイプ。

普及数が多く、この鍵の開錠方法を習得すれば多数の住宅への侵入が可能になるという要因があったようです。このことから防犯性が低いといわざるを得ない鍵タイプで、すでに生産は中止されています。

しかし、かなり多くの方が現在でも引き続きこのシリンダー錠を使用しているといいます。お宅は大丈夫でしょうか?

 

シリンダー錠の玄関鍵のマンションも耐ピッキングシリンダーに交換しよう

この他、比較的構造が単純なピンシリンダー錠などもピッキングに弱いといわれています。まだこれらの鍵を使用しているという方には、早急にピッキング対策の施されたシリンダー錠への交換をおすすめします!

鍵のタイプさえ合っていれば、自分で交換することも可能ですよ。

 

<<耐ピッキングシリンダー錠を扱っている業者はこちら>>

ピッキングに強いシリンダー錠と取り付け費用

結論から言うと、現在のところピッキングで開錠できないシリンダー錠はありません。したがって、開錠までに長い時間を要するタイプがピッキングに強いシリンダー錠といえます。

ロータリーシリンダーやディンブルシリンダーと呼ばれる種類がこれにあたり、専門業者に依頼した場合の費用の目安は15,000~50,000円程度。幅が広いので、まず実際に見てもらい見積もりを取った方がよさそうです。
それぞれ下記のような特徴があります。

ロータリーシリンダー錠

回転タンブラーとロッキングバー方式を採用したシリンダー錠です。
回転方式のタンブラーの動きはピッキングが非常にやりにくい構造だということ。加えて複雑なロッキングバー方式でピッキングに対する防犯性が高まっています。

ディンブルシリンダー錠

ピンシリンダーのピンの数と配列数を増やすことで、よりピッキングされにくい構造になっています。
ピンの数が多いので、鍵違い数もなんと億単位。さらにメーカーごとに独自開発されているので、他人がスペアキーをつくることは大変困難だといえます。

ディンブルシリンダー錠には鍵に裏表のないリバーシブルタイプもあり、使い勝手がいいところも特徴です。

これら防犯性の高いシリンダー錠にはCPマーク表示があります。
CPマークとは、警察庁や関係省庁などにより「家屋侵入にかかる時間が5分を超える性能を備えている」と認められた建物部品に与えられるものです。

耐ピッキングシリンダー錠の交換にかかる費用は製品によりまちまちで、業者に頼む、自分で交換するなど、取り付け方法によっても変わってきます。

コストを抑えたい方は自分で取り付けるのも一案ですが、安全性を考えると専門業者に頼んだ方が間違いないでしょう。その中でも、疑問点に的確に答えてくれるといったように、信頼性の高いところを選ぶことも重要です。