HOME >  防犯性が高い鍵の種類 >  タッチ式カードキー

タッチ式カードキー

「非接触式ICカード」を玄関錠の認証部にかざすことで鍵の開閉ができるのがタッチ式カードキーです。
非接触式ICカードは、JRのSuicaや電子マネーEdyなどと同様の技術を使ったカード全般を指し、タッチ式カードキーとはこれを鍵に応用したものです。

専用カードが付属していますが、最近では手持ちの非接触式ICカードやFeliCaを搭載した携帯電話を鍵として併用できる製品も増えていて、便利さの点から注目が高まっているようです。

カードケースに入れたまま使用できるし、暗いところでも鍵穴を探す必要がなくスムーズに開錠OK。確かにすごく便利そうですね。

タッチ式カードキーの種類と取り付け費用

携帯やICカードが鍵代わりになる防犯キー

タッチ式カードキーには、一般家庭向けの手軽なタイプから、オフィスやマンション向けの高機能タイプまで揃っています。

専門業者に取り付けを依頼した場合、費用の目安は60,000~150,000円程度。構造の違いや機能によって幅があります。
また、大規模なオフィスやマンションへの取り付けについてもこの限りではありませんので、事前に専門業者に相談、確認してください。

ほどんどの製品が暗証番号入力での開閉にも対応しているので、万一カードキーを忘れた場合も安心。オフィス向けのものは多数のカードキー登録対応、入室管理ができるなどより多くの機能を備えています。

マンション全体をタッチ式カードキーにすれば割安で取り付けも

マンションの場合は、各種機器と連動させることで自室玄関と共有スペースをひとつの鍵で開錠することも可能など使い勝手がよく、入退去時のシリンダー交換が必要ないのでコスト削減につながります。

既存の鍵に後付けできる製品も多くあり、見た目もスマートなので、カードキーの需要は今後も増えていきそうです。

高い防犯性能を持つタッチ式カードキー

カードキーはそれぞれ固有のIDで機能する仕組みになっています。そのため、いわゆる合鍵をつくることが難しく防犯性は高いといえます。

また、カードキーと暗証番号の二重認証に設定すれば、より安全性が高まります。

鍵穴がないのでピッキングをシャットアウト、ほとんどの製品がサムターン回しに対応しているので安心です。中には、登録されていないカードキーの連続使用で機能が自動停止するタイプやこじ開けに反応する警報音機能がついているものもあります。

近年開発されたカードキーだけあって、安全性の高さはさすがといえます。それでもやはり鍵がひとつだけでは防犯効果は半減!気を緩めずに「1ドア2ロック」を心がけたいですね。