窓ガラス

マンションも一戸建ても空き巣は窓ガラスから侵入することが多いんです!

空き巣の侵入手口として最も多いのがガラス破り。
ガラスを割って窓から侵入する方法です。

最近多発している新しい手口が焼き破りで、ガスバーナーなどを使ってガラスにひびを入れ、そこからドライバーなどで開錠します。
ガラスを割る音が抑えられるため好んで使われる手口のようです。

他にも、クレセント錠まわりのガラスを小さく割り、できた穴から工具を差し込み開錠するこじ破り(三角割り)や、音も気にせず単純にガラスを割って開錠する打ち破りといった手口があります。

マンション上層階ほど油断は禁物

戸建てもマンションも窓からの空き巣侵入には注意!

狙われやすいのは戸建て住宅の1・2階にある窓ですが、だからといって高層マンションでガラス破りの被害に遭わないということはありません。

屋上から伝っていけば、逆に上層階の方が侵入しやすいのです。

また、上層階だと安心して無施錠でいた窓から侵入されたケースもあるので、どこに住んでいようと施錠は徹底するよう心がけたいものです。

窓ガラスの防犯対策グッズ

対策として、防犯ガラスは強度が高く安心感が得られますが、災害などの緊急時に中から割ることができないといった不都合が生じるケースもあります。
防犯ガラスを設置する場合は、強度の高い防犯フィルムと併用して、非常用の窓を確保しておくなどの対処をしましょう。

ちなみに強化ガラスや網ガラスは防災目的で作られているので、防犯にはあまり効果がないと考えてください。

手軽で防犯性も高いのが窓用の補助錠です。
ネジ止めや貼り付けといったタイプがありますが、どちらにしても複数箇所に取り付け、窓ガラスを破る意欲を失わせる効果を狙いましょう。

また、既存でついている面格子は、そのほとんどが防犯目的につくられていないため簡単に取り外せてしまいます。防犯性の高い後付け面格子に交換するなどの対処法を検討した方がいいかも知れません。