ベランダ

ベランダの防犯対策に関する情報を集めました。

読むと少し怖くなるような情報もありますが、侵入者に防犯意識の高い家だと思わせるだけで、被害に遭う確率は少なくなります。

ぜひ心かげてほしいことばかりですので、参考にしてみてください。

防犯視点から見たベランダ

空き巣の侵入経路でも上位を占めるのが、「ベランダの窓から」というデータがあります。そういう意味でもベランダの対策というのは、防犯上とても効果的で大切なことです。

玄関の鍵の性能が上がってきたことと、玄関の錠破りにはある程度の技術がいることも影響しています。

しかし、ベランダなら一度侵入できてしまえば、バルコニーの塀に身を潜めガラスを破って侵入することができます。

あなたの家はどうでしょうか?これを機会に我が家のベランダの防犯対策を考え直してみましょう。

生活習慣を見直す

●窓には必ず鍵をかける

玄関のドアの鍵を閉めない人はあまりいませんが、ベランダの窓を閉めないという人はかなりいます。特にマンションの3階以上に住んでいる人や、一軒家でも2階の窓は閉めずに外出する人も多いのです。

また、せっかく補助錠がついているのに、面倒くさくて毎回は使っていないというケースもあります。侵入者もそれを熟知していて、偵察しているので注意してください。

●女性だけの家族だと悟られない工夫をする

家族に女性しかいない場合、狙われる確率が高くなります。気持ちの悪い話しですが、侵入者は別のビルからベランダを観察し、洗濯物や窓の明かりなどから、家族構成や生活スタイルを観察していることもあります。

そのためにも、女性だけの暮らしだと悟られないよう工夫しましょう。

  • 男物の下着や服を干す。
  • カーテンの柄を、いかにも女性が好みそうな柄にするのをやめる。
  • 遮光カーテンを使用し、外に明かりを極力漏らさないようにして、生活時間を悟られないようにする。

などの工夫があります。

●「高層階だから安心」という思いこみを捨てる

階段の踊り場や、他の家のベランダづたいを利用したり、一戸建てなら雨樋を利用したりして、侵入者はさまざまな方法を使って侵入してきます。

「高層階だから侵入者は入ってこれないだろう」という思いこみを捨て、窓は必ず閉めるということを徹底しましょう。

防犯グッズを活用する

現在、防犯性の高い鍵や、さまざまな防犯グッズが販売されていますので、ご自宅のベランダに合わせて、賢く選びましょう。

侵入者は自分の存在に気づかれることを恐れているので、一定の効果が期待できます。

  • ベランダにも人が歩くと「ジャリジャリ」と音がする砂利を敷く。
  • 人が近づくと音が鳴ったり、点灯したりするセンサーライトを設置する。
  • 窓を開けると音が鳴るセンサーアラームをつける。

また、侵入者は侵入に時間がかかりそうだとわかると、あきらめるものです。

防犯グッズが設置してあることを、わかりやすくアピールすると、不審者の侵入することを防ぐことができます。

  • ベランダの窓を防犯ガラスにする、または防犯フィルムを貼るなどして破られにくくする。
  • ベランダの堀などに「忍び返し」といわれるトゲ状の物を設置し、乗り越えられるのを防ぐ。
  • 補助錠をつけてツーロックにする。
  • 防犯カメラをつける(ダミーでも威嚇効果あり)。