HOME >  死角なしの住宅防犯ガイド >  共有スペース

共有スペース

近年建設されたマンションなどの集合住宅では、集合玄関のオートロックやエントランス・エレベーター内の監視カメラなど、しっかりした防犯対策がなされているところが多くあります。

にもかかわらず、そういったマンションでの盗難被害が後を絶たないのはどうしてでしょうか?

防犯が手厚いマンションほど危機意識が薄い?

大規模マンションほど住人の顔がわかりにくく犯罪の被害に遭いやすい?

マンションに忍び込んで逮捕されたある窃盗犯は、「防犯が手厚いマンションほど無施錠の部屋が見つかる」と話したそうです。

この犯人はオートロックを開けた住人の後をついて行き、マンション内に侵入することに成功。集合玄関を突破してしまえばあとは楽ですよね…。

短い間隔で並んだ部屋の中から無施錠の部屋を探し、一晩で効率良く複数件の窃盗をこなしたそうです。住人が寝ているところに忍び込んだというのも怖いですが、もっと怖いのはこんなに簡単にオートロックを突破したというところ。

この侵入手口は俗に「共連れ」と呼ばれていて、多くのオートロック完備マンションではこの被害に悩まされています。
原因としては、マンション内のコミュニティが希薄で、住人なのか不審者なのかを住んでいる人が判別できなかったということが挙げられます。

とはいえ、私もマンション住まいですが正直自信がありません。これは、大きなマンションになるほどクリアするのが難しい問題といえそうです。

防犯優良マンションを作ろう

二重ロックは単純だけど空き巣対策に効果あり!

防犯対策としては、玄関ドアの鍵を二重にする、防犯機能の高い鍵に取り替えるなどの方法がもっとも有効です。可能であれば集合玄関の鍵を入退出管理のできるカードキーにするなどして、もっと堅牢にする方法があります。

また、最近になって共連れを防止するシステムが開発されおり、導入しているマンションが増えているそうです。住人的には窮屈になると思いますが…防犯優先ですよね。

共有スペースの工夫

それ以外でも、共有スペースなどの工夫で対策することができます。

エントランスでいえば、人の出入りが見えやすいところに管理人が常駐するなどの対策があります。

アナログなところでは、掲示板の活用も有効。「関係者以外の立ち入りを禁じます」などの張り紙を掲示することで、不審者に防犯意識の高さをアピールできると思います。

非常階段の出入り口に鍵がついているにもかかわらず常時開放状態で、そこから侵入されたマンションもあるということなので、非常階段のドアにも配慮が必要です。
内側からしか開閉できないタイプの鍵もあるので、そういった鍵に交換するといいかも知れません。

マンションの周りに侵入経路になるような場所がないか、定期的にチェックすることも大切です。
住人同士が何人かでグループになり持ち回りでパトロールするなどの対策は、コミュニケーションを深める効果も望めるので、結果的に防犯効果が高まるいいアイディアなのではないでしょうか。

防犯優良マンションと評価されれば、マンションの資産価値も上がりますしね。