浴室

浴室の窓も防犯上重要なポイントです。

家によっては小さい窓であったりするため「まさかこんなところから泥棒が入るわけがない」という気のゆるみや、入浴後の換気のために開けっ放しにしてしまいがちな窓だからです。

そして浴室というのは、家の位置的にも裏手にある場合が多く、人目につきにくいので、空き巣から見て侵入に都合がいい場所になっていることもあります。

浴室の窓もしっかり見直しておきましょう。

普段から心がけたいこと

【必ず施錠する】
当たり前のことですが、開けっぱなしにしがちな窓なので特に気をつけましょう。

換気扇がついている場合は必ずまわし、ついていない場合は時間を区切って湿気が取れたらすぐに施錠しましょう。

ついうっかり「一晩中開け放していた」ということが無いようにしたいものです。

防犯グッズ

不審者に、この家は侵入するのに時間がかかると思わせ侵入を諦めさせましょう。

【クレセント、2ロック】
クレセントには補助付きロック付きのものを選びましょう。

また、サッシの下にサブロックがついていると、さらに安心です。

【防犯フィルム】
窓に貼るだけなので、賃貸など簡単に防犯対策できないような場合でも有効です。

【防犯フィルム】
面格子ごと外される場合があるので、たとえついていても施錠は心がけましょう。

面格子にもいろいろなデザインがあります。シンプルな縦格子の他に、井桁格子、太格子、ロートアイアンで作ったデザイン性の高い物もあり、注文住宅を建てる際にこだわる方も多いそうです。

目隠しルーバー付きの面格子は、外からの視線を遮りながら適度に採風性も確保できるので浴室向きの面格子です。