防犯のカギは「鍵」

空き巣に狙われやすい住宅の傾向として、「留守が多い」「金品がありそうに見える」「入りやすく逃走しやすい立地」「女性の一人暮らし・高齢者世帯」、そして「防犯意識が低い」などが挙げられます。

だからといって、外出の頻度や立地を変えるのは容易いことではありません。
ですが、防犯意識は住人やマンション管理者の行動ひとつで変えることができます。

ピッキング、サムターン回し、カム送り…空き巣の手口は巧妙に進化しています

さて、ここで質問。
「防犯意識が低い」とは、どのような住宅を指すのでしょうか?答えは…

  • 無施錠の家
  • 容易に侵入できてしまう鍵の家

です。身に覚えのある方は被害に遭う前に意識を変えて、まずは、鍵専門店で取り扱われている防犯製品の数々を確認してみましょう。

空き巣を寄せ付けない鍵専門店

 

高性能キーで安全性を高める

ピッキングやサムターン回しといった空き巣手口が認知されてきたことで、日本人の防犯意識はぐっと高まってきており、今や「1ドア2ロック」が当たり前。
前述の手口に対応した高性能キーも数多く開発されています。

オートロックでも油断禁物!空き巣に入られない家作りを!

だから、きちんと施錠しているのに、侵入窃盗の被害に遭ってしまった家に共通して挙げられるのが、防犯性の低い鍵の1ロック(鍵がひとつしかない)です。

そのような家には鍵の取り替え、もしくは追加が推奨されています。

住まいの安全性を高める、もしくは所有物件の資産価値を上げるというメリットを考えれば、高い買い物ではありません。

 

防犯鍵・グッズを探しているなら

 

マンションならプラスアルファの対策が必要

マンションの場合、自室の防犯対策を厳重にしていても、マンション自体が無防備では効果も半減してしまいます。だから、マンション全体で犯罪防止や安全性について考える必要があります。

やはりこのご時世、最低でもオートロックとエレベーターの防犯カメラはついていて欲しいもの。
自室の鍵もピッキングやカム送りなどの対策がされているものが安心です。

この他、空き巣に、防犯意識の高いマンションだとアピールするポイントは、

  • 建物全体が外部から侵入しにくい構造になっている
  • エントランスの扉がガラス戸など、共用部分の見通しが確保してある
  • 駐車場が明るい・盗難防止設備がある

などなど。
最近では、マンションの空き巣被害で問題になっている「共連れ(不審者が共同玄関を開錠した住人についてマンション内に侵入すること)」を防止するシステムが開発され、導入しているマンションが増えているようです。

はじめに触れた通り、防犯意識が低い住宅は空き巣に狙われやすくなります。

逆にいえば、しっかり対策した住宅だと空き巣に思わせた時点でターゲットから外される可能性が高くなるということです。家族で、管理組合で、もう一度話し合って空き巣被害を未然に防ぎましょう!